ページ内コンテンツ

新品バッテリーの使い始め anchor.png

Page Top

充電 anchor.png

1.バッテリーの外観を確認して下さい。容器に損傷や亀裂がないか、ターミナルに錆や変形があってはいけません。

2.通風ノズルのゴム栓を引き出し、電解液の液口栓を外します。

3.バッテリーに入れる電解液を持ってきます。電解液の容器の頭を切り落としてバッテリー容器へ注ぐプラスチックパイプを取り付けます。その後ゆっくりと注ぎ口からアッパーレベルまで電解液を注ぎます。電解液がいっぱいになった後は20分間そのまま放置します。もしレベルが下がったらアッパーレベルまで継ぎ足して下さい。アッパーレベルを超えて電解液を注いではいけません。

4.電解液の注いだ30分後、バッテリをオートバイに組込み出来ます。可能ならバッテリーの寿命を伸ばすためには使用前に3~5時間充電して下さい。冬季や新品で長期間使用されないなら、使う前に3~5時間の充電の必要があります。

5.電解液の液口栓をしっかりと押し(回し)て下さい。バッテリーの表面に付着した電解液は水で洗い、布で拭きとって乾燥させて下さい。

Page Top

組立 anchor.png

1.換気ノズルに付いている換気ホースを折り曲げたり平らに潰したりしないで下さい。曲げたり潰したりすることはバッテリーが破裂する原因となります。もし電解液が溢れ出ると、服と車体を腐食させてしまいます。

2.まず最初にプラス端子(+)のワイヤー(赤いマーク)を接続したら、次にマイナス端子(-)のワイヤーを接続します。ワイヤーを逆に接続するとイグナイター(点火装置)やレクチファイヤ(整流器)などの電子部品に損傷を与える可能性があるので注意して下さい。

3.締付ボルトがきつい時は錆止めにボルト・ナット・端子にグリスや鉱物油を塗布して下さい。

Page Top

始動と点検 anchor.png

5秒以上セルを回さないで下さい。もし繰り返し試してもエンジンが掛からない場合はクランクや点火装置にオイルが供給されているか確認して下さい。

Page Top

次のいくつかの条件はバッテリーが過度か不十分に充電されることがあります。 anchor.png

(1)頻繁に始動したり短い距離の走行
(2)長時間の低速走行
(3)乗車時にブレーキレバーをしっかり握ったりブレーキペダルを踏み込み続け、ブレーキライトをよく点灯させる。
(4)追加の電装アクセサリーや高電力の電球を使用

Page Top

ライトが暗く、ホーンが鳴らず、エンジン始動が困難な時は、バッテリーの充電が絶対必要です。 anchor.png

Page Top

1~3ヶ月間隔で電解液の量を確認して下さい。もし電解液の量が下限レベルを下回っていたら、上限レベルまで蒸留水か精製水を補充して下さい。絶対に電解液を加えてはなりません。水を補充した後はバッテリーを充電するのがおすすめです。 anchor.png

Page Top

もしあなたが長期間このオートバイを使用するつもりがない場合は使用をやめる前に充電し、そして月に一度充電するべきです。 anchor.png

Page Top

バッテリーの充電 anchor.png

Page Top

オートバイのバッテリーの充電はバイク用充電器を使用すべきです。バッテリーを充電する前に液口栓は取り外し、換気のよい部屋で充電を行なって下さい。火気は厳禁です。 anchor.png

Page Top

通常充電と急速充電の二種類の充電方法があります。急いでいないなら可能な限り通常充電を試みて下さい。バッテリーの寿命が延びるかもしれません。 anchor.png

通常充電:電流0.7-0.8A;充電時間5-15時間
急速充電:電流7-8A;充電時間最大30分間

Page Top

バッテリーの充電中、電解液の温度が45℃を超えるてしまうなら直ちに充電を中止して下さい。充電は電解液が冷えたら再開することが出来ます。バッテリーの充電中に泡が大量発生したら中止して下さい。液口栓をしっかりと締めて水で洗い、拭き取って下さい。 anchor.png

Page Top

注意事項 anchor.png

Page Top

バッテリーの使用や充電のときは爆発性ガスが発生します。火気を遠ざけて下さい。バッテリーの破裂を予防するためにはバッテリーのプラスとマイナスの端子が緩まないようにし、電気回路のショートを避けて下さい。 anchor.png

Page Top

電解液には強酸が含まれています。肌や服、目に触れないように電解液を飛び散らないようにさせて下さい。電解液が体に触れてしまったら大量のきれいな水で洗って下さい。誤って飲んでしまったら大量の水か牛乳を飲み、医者の適切な治療を受けて下さい。 anchor.png

Page Top

電解液は子供から遠ざけて下さい。 anchor.png

Page Top

盗難警報器の装着はバッテリーの通常の動作に影響を及ぼす可能性があります。SUZUKI認定盗難警報機の使用をお勧めします。その他のアラーム装置の使用はバッテリーやイグナイター、レクチファイヤ等の他の電子部品に損傷を与える原因になるかもしれません。 anchor.png



トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 582, today: 3, yesterday: 0
初版日時: 2014-02-12 (水) 16:35:06
最終更新: 2014-02-12 (水) 16:35:06 (JST) (1282d) by Dパパ