ページへ戻る

− Links

 印刷 

整備データ :: GN倶楽部【GN125・GS125・GZ125・EN125】

xpwiki:整備データ

引用:SUZUKI GN125E【NF41A】サービスガイド, スズキ(株), 1982

ページ内コンテンツ
  • バルブ・カムシャフト関係
  • 潤滑関係
  • ピストン・シリンダ関係
  • クランクシャフト関係
  • クラッチ・プライマリーギヤー関係
  • トランスミッション関係
  • キャブレータ関係
  • 電装関係
  • 車体関係

バルブ・カムシャフト関係 anchor.png[1]

単位の表示なきものはすべてmm
項目標準値使用限度
タペットクリアランス(冷機時)0.08~0.13標準値以外修正
バルブとバルブガイドのガタ(IN)0.04~0.080.12以上交換
バルブとバルブガイドのガタ(EX)0.05~0.090.13以上交換
バルブガイドの内径(IN)5.500~5.512-
バルブガイドの内径(EX)5.500~5.512-
バルブステムの外径(IN)5.460~5.475-
バルブステムの外径(EX)5.445~5.460-
バルブの振れ(IN・EX)0~0.030.05以上交換
バルブシート面の巾(IN・EX)1.0~1.4標準値以外修正
バルブスプリングの自由長(インナー)32.831.2以下交換
バルブスプリングの自由長(アウター)36.734.9以下交換
カムの高さ(IN)33.83~33.8733.53以下交換
カムの高さ(EX)32.99~33.0332.70以下交換
カムシャフトジャーナルのオイルクリアランス0.032~0.066標準値以外交換
カムシャフトジャーナル部の外径21.959~21.980-
カムシャフトホルダーの内径22.012~22.025-
カムシャフトの振れ0~0.020.10
ロッカーアームシャフトの外径11.966~11.984-以下交換
ロッカーアームの穴の内径12.000~12.018-以下交換
Page Top

潤滑関係 anchor.png[2]

単位の表示なきものはすべてmm
項目標準値使用限度
エンジンオイル量(分解時)850cc(1000cc)-
エンジンオイルプレッシャー(60℃3000rpm)0.10~0.30(kg/cm^2)以上-
オイルポンプチップクリアランス非分解-以上交換
オイルポンプアウタークリアランス非分解-以上交換
オイルポンプサイドクリアランス非分解-以上交換
Page Top

ピストン・シリンダ関係 anchor.png[3]

単位の表示なきものはすべてmm
項目標準値使用限度
ピストン・シリンダクリアランス0.05~0.06-
シリンダの内径57.000~57.01557.069以上交換
ピストンの外径(ピストン下端より〔15〕mm上)56.950~56.96556.915以下交換
シリンダヘッドの平面度0~0.030.15以上修正
シリンダの平面度0~0.030.20以上交換
ピストンリングの自由合い口隙間(1st)7.05.6以下交換
ピストンリングの自由合い口隙間(2nd)8.56.8以下交換
ピストンリングの組付合い口隙間(1st)0.1~0.250.6以上交換
ピストンリングの組付合い口隙間(2nd)0.1~0.250.6以上交換
ピストンリングとリング溝の隙間(1st)0.060.180以上交換
ピストンリングとリング溝の隙間(2nd)0.060.150以上交換
ピストンピン穴の内径14.002~14.00814.038以上交換
シリンダコンプレッション(kg/cm^2)14.09.8
シリンダコンプレッション気筒間差(kg/cm^2)-1以内
Page Top

クランクシャフト関係 anchor.png[4]

単位の表示なきものはすべてmm
項目標準値使用限度
ピストンピンの外径13.996~14.00013.980以下交換
コンロッド小端の内径14.006~14.01414.040以上交換
コンロッド小端の振れ--
コンロッド大端のスラスト隙間0.10~0.200.30以上交換
クランクシャフトの振れ0~0.030.08以上交換
Page Top

クラッチ・プライマリーギヤー関係 anchor.png[5]

単位の表示なきものはすべてmm
項目標準値使用限度
クラッチの遊び(レバー先端で)10~15標準値以外修正
ドライブプレートの厚さ2.9~3.12.7以下交換
ドライブプレートの歪み0~0.10.4
ドリブンプレートの厚さ1.6-
ドリブンプレートの歪み0~0.150.2以上交換
クラッチスプリングの自由長40.438.5交換
Page Top

トランスミッション関係 anchor.png[6]

単位の表示なきものはすべてmm
項目標準値使用限度
ギヤーシフトフォークの爪の厚さ(1)4.8~5.0-以下交換
ギヤーシフトフォークの爪の厚さ(2)--以下交換
ギヤーシフトフォークの爪の厚さ(3)5.3~5.4-以下交換
ギヤーシフトフォークの溝の幅(1)5.0~5.1-
ギヤーシフトフォークの溝の幅(2)--
ギヤーシフトフォークの溝の幅(3)5.5~5.6-
ギヤーシフトフォークと溝の隙間(1)0.1~0.30.80
ギヤーシフトフォークと溝の隙間(2)--
ギヤーシフトフォークと溝の隙間(3)0.1~0.30.80
シフターフォークシャフトの曲がり0~0.040.05以上交換
カウンタシャフトギヤー圧入寸法88+0.1-
ドライブチェンの20ピン間寸法(チェンサイズ)254(DID428DS)257.8以上交換
ドライブチェンのたるみ(メーンスタンド使用時)20~30標準値以外修正
Page Top

キャブレータ関係 anchor.png[7]

単位の表示なきものはすべてmm
項目緒元備考
キャブレータ形式BS26
メーンボア(mm)26
キャブレータ判別刻印0.5310
アイドリング回転数(r.p.m)1450
フューエルレベル(mm)-
油面調整基準(mm)21.4
メインジェット(M.J)102.5
ジェットニードル(J.N)4DZ35-2
ニードルジェット(N.J)P-2
スロットルバルブ(Th.v又はC.A)125
パイロットジェット(P.J)又はエアスクリュ(A.S)35
パイロットスクリュ(P.S)-
バルブシート(V.S)2.0
スタータジェット(G.S)25
エアークリーナエレメントオイル塗布量(g)13±210w-30モータオイル
Page Top

電装関係 anchor.png[8]

単位の表示なきものはすべてmm
項目緒元
点火時期(°/r.p.m)13/1950
飛火性能(mm)8以上
スパークプラグギャップ(mm)0.6~0.7
スパークプラグ(NGK)焼けるときD-9EA、標準D-8EA、くすぶるときD-7EA
スパークプラグ(ND)焼けるとき-、標準X24ES-U、くすぶるときX22ES-U
イグニッションコイル抵抗値(1次)(Ω)ND 4±10%
イグニッションコイル抵抗値(2次)(Ω)ND 8.5K±10%
フライホイールマグネトーステータコイル抵抗値 緑⇔青(Ω)ND 110Ω±10%
フライホイールマグネトーステータコイル抵抗値 黄の各端子間(Ω)ND 0.9Ω±10%
スターターモーターブラシ長さ使用限度(mm)ND 8.5
無負荷調整電圧(V)(備考)セルダイナモ
カット・イン電圧(V)(備考)セルダイナモ
レギュレータ調整電圧(V)13.5~15.5(備考)オイルネータ ACジェネレータ
バッテリ型式YB7-A・1
バッテリ電解液比重1.22~1.26
フューズ15A
ヘッドランプバルブ(V-W)12-45/45
シティランプバルブ(V-W)12-3.4
テール・ストップランプバルブ(V-W)12-8/23
ターンシグナルランプバルブ(V-W)12-23
スピードメータランプバルブ(V-W)12-3.4
タコメータヘッドランプバルブ(V-W)12-3.4
ニュートラルランプバルブ(V-W)12-3.4
ターンシグナルパイロットランプバルブ(V-W)12-3.4
ハイビームインジケータランプバルブ(V-W)12-3.4
Page Top

車体関係 anchor.png[9]

単位の表示なきものはすべてmm
項目標準値使用限度
フロントブレーキレバーの遊び5~10標準値以外修正
リヤブレーキペダルの遊び20~30標準値以外修正
ブレーキドラムの内径(前)130.0130.7以上交換
ブレーキドラムの内径(後)130.0130.7以上交換
ブレーキライニングの寸法(前)(直径)129.3126.0以下交換
ブレーキライニングの寸法(後)(直径)129.3126.0以下交換
ブレーキシューリターンスプリング自由長31.2-
ブレーキディスクプレートの厚さ4.03.0以下交換
ブレーキディスクプレートの振れ0.2-
ディスクブレーキパッドの厚さ-摩耗限度まで
マスターシリンダ内径12.700~12.74312.793以上交換
マスターシリンダピストンの外径12.657~12.68412.658以下交換
ブレーキキャリパピストン外径33.890~33.93433.899以下交換
ホイールリムの振れ タテ・ヨコとも0-23以上交換
タイヤサイズ(前)2.75-18-4PR
タイヤサイズ(後)3.50-16-4PR
タイヤ摩耗限度(前)( )内は推奨値-0.8(1.6)以下交換
タイヤ摩耗限度(後)( )内は推奨値-0.8(2.0)以下交換
タイヤ空気圧(kg/cm^2)前輪後輪
タイヤ空気圧 1名乗車1.752.00
タイヤ空気圧 2名乗車1.752.25
フロントフォークオイルカバヤG-10号作動油
フロントフォークオイル量(インナーチューブ上端からの油面・容量174cc・375mm
フロントフォークスプリング自由長399
フロントフォークインナーチューブの外径31.975~3231.955以下交換
フロントフォークインナーチューブの内径32~32.15432.302以上交換
アクスルシャフトの振れ(前)0~0.150.25以上交換
アクスルシャフトの振れ(後)0~0.150.25以上交換
スイングアームピボットシャフトの振れ-0.30以上交換
リヤクッションスプリングの自由長199.4195.4以下交換

Last-modified: 2017-11-16 (木) 16:40:45 (JST) (277d) by Dパパ