GN倶楽部【GN125・GS125・GZ125・EN125】

SUZUKI GN125・GS125・GZ125・EN125 MOTORCYCLE CLUB

フォークオイル交換 高ヒット
2013/10/12 22:23 投稿者: じゃりぶん (記事一覧) [ 3456hit ]
皆さんの投稿やブログを見ていて、「自分もやってみよ~っと」
軽ーい気持ちで、フロントフォークオイルの交換をやってみました。
やってみると、オイル交換は無事終わったのですが、
作業の間ハンドルをひっくり返して、タンクの上に置いていたら、
空気が入ったみたいで組み付け後フロントブレーキがスカスカに
なってしまいました。全然予定していなかったので、夕方になって
から、あわててブレーキオイルを買いに行き、エアー抜き・・・
リザーバタンク2杯分くらいやって、少しましになったのですが、まだ変。
その日は時間切れ。翌日通勤に使うが、ちょっとあぶない。帰宅後もう一度
エア抜きするとタンク1杯分くらいで「ぽこっ!」と泡が!と同時にレバーの
感覚が一変!「わーやっぱりこんな入ってたんや~」
よく通勤に使いましたね・・こわ~
トップ用の22m/mソケット、持っていたのにすっかり忘れて買いにいくところでした。メデタシメデタシ
トップ用の22m/mソケット、持っていたのにすっかり忘れて買いにいくところでした。メデタシメデタシ
エア混入の原因画像
エア混入の原因画像
性格丸出し、の散らかり具合・・
性格丸出し、の散らかり具合・・
カテゴリ内ページ移動 ( 103  件):     1 ..  78  79  80  81  82  83  84  .. 103    

コメント一覧

Array
ゴササル  投稿日時 2013/10/16 22:43
こんばんは。
ステンレスメッシュホースの話が出てましたが、11年前のDucatiを持っていますが、最初からエンジンのオイルクーラー、外ホースなどのオイルラインも含めて全てステンレスメッシュ。
カシメはアルミではなくサビてるから真鍮かな?
気になってワークショップマニュアルまで確認しましたが、交換指定はありません。
てことで、ゴムより遥かに耐久性はありそうですね。
与太5  投稿日時 2013/10/16 21:10
  こんばんは

 レスありがとうございます。ゴムホースの交換サイクルはメーカーによると3年を勧めてるみたいですが、あんまり普通交換しないですよね。4輪車も自分はほとんど交換したことないですね。

 小回り効く分、2輪はハンドルを結構こじるんで寿命は4輪よりもっと短いのと思ってました。実際自分のバイクがそんな感じでしたから・・。一応、ステンレスメッシュホースは寿命を設定してないみたいですね。設置方法により実際の寿命が決まるみたいですが、上手く運用できるかは本人次第でしょうか。良くある取り敢えず付けてみたぐらいでは無理なのかな。

 またちょっと中華パーツで怪しいんですけど、自分はステンメッシュ化するときはオイルポンプも強化するつもりです。

 引用してみたカーグラフィックのプロ(?)のコメントは、ちょっと自分も極端だとは思いますが~。
  

 
 

 
kin  投稿日時 2013/10/16 20:26
与太5 さん

ん~~ 自分は10年以上同じメッシュホースで使用しているバイクがありますが問題無いですね。
最近のメッシュホースはクリアチューブで覆われていて擦っても毛羽立たないですし。
ULRの中の
油圧がかかったときに遊びが少ないので、マスターシリンダーの負担が大きくなることもデメリットです。
って所もキャリパーにかかる圧力が同じならマスターにかかる圧力も同じなので負担が増えるって所も違うと思います。
フルブレーキングした時の方がマスターに負荷がかかりますし、その程度で壊れるような品質のマスターでは製品として問題があると思うんですけどね。
ゲスト  投稿日時 2013/10/16 20:21
ステンレスメッシュはエキゾーストのフレキシブルチューブなどにも使いますが、非常に神経質な部品で、設計を誤るとあっという間に破断してしまいます。とにかく捩じりに弱いので、曲げで使うのが絶対条件となります。
四輪のフロントの場合、ステアリング操作でかなりの捩じりを生じますので、ホースレイアウトをよほど吟味しないと寿命は短くなりますね。その点、二輪の場合は曲げだけで、捩じられることがないので、この問題はありません。
曲げだけで使う場合の寿命は全く製品次第です。アフターパーツは決まった設計目標がありませんから、メーカーによって、製品によってバラバラです。自動車メーカーの純正ラバーホースも一生物ではなくて、ゴムの経時劣化が避けられないので、定期交換部品の扱いです。だから一概にどっちが長持ちとは言えません。材料寿命だけで言えばテフロンが有利です。
メーカーがステンレスメッシュ付テフロンチューブを使わない理由は、なんと言ってもコストです。こんな贅沢したら、真っ先に原価低減アイテムにされてしまいますw
制動距離といった絶対的なブレーキ性能で言えば、ゴムで十分な設計をします。あとは、タッチやフィーリングなど、+αの魅力品質をいくらで買うかの世界ですね。二輪の場合、油圧が上がるほど伝達効率が落ちるというラバーホースの欠点を逆に利用して、パニックブレーキでもロックしにくいという利点があるとも聞いています。
与太5  投稿日時 2013/10/16 18:36 | 最終変更
 こんばんは  Kinさん

 まあ、例えばこんな事実が有りますよね。自分は注意して利用しても(今後交換予定~)、人にまでは勧めない理由のひとつです。実際自分も同じような経験があり、表面が金属疲労で毛羽立ってしまい使用できなくなりました。初心者が上手く利用できないと寿命は短くなってしまいゴムホースの方が安全ですね。

 >http://www.webcg.net/articles/-/19288
kin  投稿日時 2013/10/16 10:02
与太5 さん

ゴムホースの方が長持ちなのでしょうか?
何処の情報ですか?
ステンメッシュホースは内部がテフロンチューブなのでホース自体の製品安定性はゴムホースより高いです。
継手はアルミですが、アルマイト加工されており腐食には強いです。
ノーマルの継手部分は鉄なのでそこの強度は高いと思いますが、外部的に力を加えない限り問題無いと思っています。
birdybirdy  投稿日時 2013/10/16 8:14
ありがとうございました
勉強になります(^^)

私のブレーキフルードーも とうの昔に期限切れ
予算不足で 交換できない状況

熟成されて いい味がでているはず
熟成に樽を使っていないのに琥珀色で 液面見えない(T_T)
交換時には 新しいフルードーの良さが ことさら分かることでしょう

母ちゃん ギブミー 交換代(T_T)
与太5  投稿日時 2013/10/15 21:45
  こんばんは  birdybirdyさん

 誤解させてしまいましたね。ブレーキフルードは定期的に換える必要がありますが、それ以外は任意です。ブレーキフルード交換やるのならそれと一緒にやろうかなという感じです。

 ただ、ブレーキホースもあんまり長く使ってるようですと交換したほうが良いですね。実はメッシュホースよりゴムホースのほうが長持ちらしいですが・・。
birdybirdy  投稿日時 2013/10/15 21:28
えぇ マスターシリンダーやメッシュホースって 寿命(命数)があるんですか?
与太5  投稿日時 2013/10/15 20:50 | 最終変更
  こんばんは

 自分も、Fフォークオイル交換するときこのGNのマスターシリンダーひっくり返して放置するとやばそう!と思いS字フックで引っ掛けて上向き位置を固定していましたが、やっぱりそうなんですね。動画作って公開していましたが正しい判断だったようです。(良かった)

 そろそろ、ブレーキオイルや強化マスタシリンダー、メッシュホースへの交換時期に入るかなあ。事前に情報調べておかないと。

Array
GNavi   (based on MyAlbum-P)