ホーム >  フォトレポート >  カスタム・パーツレビュー・メンテナンス >  GZステムベアリング交換の注意事項
GZステムベアリング交換の注意事項 高ヒット
2016/6/29 6:43 投稿者: ゲスト (記事一覧) [ 1174hit ]
GZのステムベアリングを交換しました。構造や工程はGNと共通ですが、寸法の違いで作業は困難しました。違いをまとめ、今後の参考とします。

1.スピンドル部
下部インナーレースのはめ合い部(機械加工部)の長さ(a)が長く、レースの抜き出し、圧入共に難儀します。機能的に不要な(b)部を予めヤスリ掛けして細くしておくと楽です。はめ合いを避けるだけなので、ほんの0.1~0.2mm程度さっと削るだけで十分です。レース下のシールリングは破損するので交換が必要です。今回はなんとか修復して再利用しましたが。

2.ステムチューブ部
上下アウターレース共に、内径がチューブ側と一致しており、叩き棒を掛ける平面部(c)がありません。チューブの角Rのわずかな隙間に引っ掛かるよう叩き棒先端を加工しましたが、外れやすく叩き出しは苦労しました。チューブ素材中心と機械加工中心が偏心していて、かけられる場所が限られ、レースが斜めになりながら強引に打ち抜くような状態でした。挿入長さ(d)が長いので手間もかかります。

3.その他
各締結部に六角レンチ(アレンキー)を多用しており、特にフロントアクスルシャフトは対面幅12mmの大型レンチが必要です。今回は手持ち最大の10mmレンチを使い隙間にマイナスドライバーを叩きいれて騙し騙し緩めました。締める時は12mm頭部のM8ボルトにダブルナットをかけ、メガネで締めました。いずれも工具の使用方法としては邪道で、なめる恐れが高いので、決してお勧めしません。
センタースタンドが無いので、ブロックや角材を使用して車体を支える必要があります。フロント用はステップ部、リヤ用はリヤダウンチューブ下部にジャッキアップポイントがあるので容易に上がります。

総じて、知識と創意工夫が必要で、経験ある人と一緒にやるのがいいでしょう。
スピンドル部
スピンドル部
ステムチューブ部
ステムチューブ部
叩き棒の加工
叩き棒の加工
カテゴリ内ページ移動 ( 355  件):     1 ..  57  58  59  60  61  62  63  .. 355    

コメント一覧

ゲスト  投稿日時 2016/7/1 8:03
どらちゃん^ ^d
久々に根性ある対象物で(w、楽しかったですよ。
今度GZやるときデカレンチ貸してください。高いもんじゃないですが、自分用には絶対使わないから、買う気が起こらないw
どらちゃん  投稿日時 2016/6/30 20:51
ゆーぞさん

 お世話になりました。 おかげで素晴らしいハンドリングになりました。
 今までが嘘のようです。
 ・・・て言うか、あのまま放置だったら、コーナーでエライことになっていたと思われます。 
 ありがとうございました。 助かりました。

 ※追伸 早速、ホムセンへ行って ご指導いただきました 六角レンチ 12mm(プロ向け)を購入してきました。 今度は大丈夫です。

  
ゲスト  投稿日時 2016/6/30 18:17 | 最終変更
私は、他人様のバイクで、ブレーキキャリパー取付ボルトの本締めを忘れるという大失態をやらかしているので、大きなことは言えないのですが^^;

現物をよく見て構造と機能を理解すると、そんなに失敗はしないものです。

ステムベアリングの場合は、組みあがり状態で、四つのレースがきちんと奥まで圧入されて平行を保っていることと、ベアリング接触部に絶対に傷をつけないことが注意点です。

スピンドルやステムチューブのレース接触部に傷がついたら、丁寧に均すのがポイントですね。あとは、コツコツと叩いてもビクともしないので、狙いを定めたら思い切りガツンとやることですw

それと、上部ミツマタの締付け順序を間違えないこと。ベアリングナット→トップボルト→フォーク締付けボルト。
kenけん  投稿日時 2016/6/30 8:22
GZのステムセット交換、目の前で見せていただきましたが、いや~、困難どころか、お見事としか言いようがないです。感動してしまい思わず拍手してしまいました。(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

本当に分かりやすく図解して下さっていますが、いざ実践となるとやはり作業の経験が必要ですよね。何回か失敗しないと成功しませんね。(^^;
自分のGNはkinさんにやってもらいましたが、一発で決めるのですからやはり凄いです。(^_^)

でも、実際に見せていただくとやってみようかなって気持ちが起きてきますので、GNを数日間動かさない覚悟で挑戦してみたいと思います。

貴重な見学の機会を作って下さって、ありがとうございました。
GZ乗りの どら ちゃんさんにも感謝!(^_^ゞ
ゲスト  投稿日時 2016/6/29 10:48
ベアリングレースの抜き出し、圧入は、結構乱暴な力技です。下手に失敗すると、スピンドル交換やフレームアッシー交換になる恐れがあるので、大胆かつ慎重にやる必要があります。
GNはまあ簡単ですが、GZは気を使いますね。
カチャ  投稿日時 2016/6/29 8:30
はぁ~・・・スゴイ・・・

こんな風に資料に残して頂けて・・・後の方がどれほど参考になる
事でしょう。

ゆーぞさん、有難うございます。

それにしても、結構な違いがあるもんですね~
GNavi   (based on MyAlbum-P)

ピックアップ画像

6/23 奥多摩...
6/23 奥多摩...
2013/6/24   POPLAR
スプロケッ...
スプロケッ...
2017/8/1 
初のラーツ...
初のラーツ...
2015/10/13   POPLAR